臨床研究参加者募集バナー.jpg

​四谷メディカルキューブ

減量・糖尿病外科センター長

医師

​笠間 和典

カサマ・カズノリ

1990年 群馬大学医学部卒業
2002年に日本で初めての腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術を施行、その後日本はもとよりアジアの減量外科をリードしてきた。現在は国際肥満代謝外科連盟(IFSO)理事、IFSOアジア太平洋部会理事長、アジア
太平洋肥満代謝外科学会前理事長、国際肥満外科連盟日本代表、日本内視鏡外科学会理事・国際委員長・肥満外科教育担当を務めている。国際的評価も高く、海外での公開手術は日本の内視鏡外科医としては最も経験が多い一人である。

熟練した手術技術と世界に認められたスタッフ・施設でのケアとサポートにより、この分野でのプロフェッショナルチームとしての治療を行います。

​四谷メディカルキューブ

減量・糖尿病外科センター

医師

​関 洋介

セキ・ヨウスケ

1997年 大阪大学医学部卒業(医学博士)

公立学校共済組合近畿中央病院、大阪大学医学部大学院、大阪府立成人病センター(現:大阪国際がんセンター)を経て、2007年より、四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センターに合流し、現在に至る。臨床研究管理部部長。2度の海外臨床留学(フリンダーズ大学(アデレード、オーストラリア)、ミネソタ大学(ミネアポリス、アメリカ))の経験を有する。減量・糖尿病外科治療に加えて、胃食道逆流症の外科治療も専門としており、いずれも国内屈指の執刀経験を有する。論文、学会発表、講演、メディア出演など多数。

高い技術とエビデンス(科学)に裏付けられた、安全・確実で最も効果の高い外科治療を私達の患者さんに提供いたします。

​手術実績

 1,614

減量手術

 1,511

​バルーン治療

 103

※​2020.6.11現在

​ご予約・お問い合わせ

治療を希望される場合は、お電話もしくはWebにてご予約をお取りください。

お知らせ

hlogo.png
 Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.