hlogo.png
 Copyright © 2019 Yotsuya Medical Cube. All right reserved.

​費用について

2016年4月より、減量手術の術式の一つである腹腔鏡下袖(スリーブ)状胃切除術のみ、
保険診療で行えるようになりました。保険適応の基準を満たさない場合、あるいは、腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術、腹腔鏡下スリーブ・バイパス術、内視鏡下調節性バルーン留置術は自費診療で行います。

保険手術

※1 金額は5日間入院、3割負担の場合にお支払いただく手術費用(手術代、入院費、食事代等)です

※2 「個室使用料等」には室料差額、術後2年間のサプリメント代、5年間のサポートグループ参加費等が含まれます

 

  • 手術前後の診療費(診察、検査、栄養指導等)は来院毎にお支払いいただきます。

※以下の制度をご利用いただける場合がございますので、ご確認ください

1)高額療養費制度(事前に限度額認定証の発行手続きをお願いします)

2)医療費控除(各市区町村の窓口にお問い合わせください)

3)生命保険(ご加入の保険会社へお問い合わせください)

自費手術

※費用は自費診療のため、健康保険は適用されません。

 

  • 自費手術には以下の費用が含まれます

1)入院、手術費用(手術料、入院費、薬品代、食事代など)

2)入院期間中に発生した合併症(当院で対応可能なもの)の治療費(他院での治療に関しては含まれません)

3)5年間のサポートグループ参加費

4)内視鏡下調節性バルーン留置術を除き、手術後6ヵ月までの診療費(診察、検査、栄養指導代)

※手術後7ヶ月以降の診療費は来院毎にお支払いいただきます。