治療&サポート

調節性胃内バルーン

調節性胃内バルーン

四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センターでは新しい肥満症治療として「調節性胃内バルーン治療」を導入しました。当院での適応はBMIが27以上の方となります。

 当院の医師が実際にバルーン治療を行った際の体験記をブログにアップしております。ブログの閲覧はこちらから

1)調節性胃内バルーンとは?

胃内バルーンとは、胃内視鏡(胃カメラ)を用いて胃の中に400-700mlのバルーン(風船)を留置することで満腹感を得るとともに、胃容量を小さくすることで食事摂取量を減らし、効果的な体重減少を得ようとする治療です。

胃内バルーン治療は以前から行われていましたが、“非調節性”であること(一度、胃内にバルーンを入れると後に容量調節が出来ない)、留置期間が最長6ヶ月と短いこと、などの問題点がありました。

Spatz3このたび当院で導入した調節性胃内バルーン治療では「Spatz3」という器具を用います。日本国内では、正式なトレーニングを受けた当院の減量外科医のみが取り扱うことができます。 Spatz3の特徴として、

  • ①胃内視鏡を用いて挿入、摘出する(外科手術ではない)ため、体にきずがつかない。
  • ②バルーンの大きさ(容量)を調節できるため、吐き気など副作用で苦しい時に容量を小さくしたり、体重減少が滞った時に容量を大きくしたり出来る。
  • ③留置期間が最長12ヶ月と、従来の2倍の治療期間をとれる。
  • ④麻酔は静脈麻酔、全身麻酔の選択が可能です(麻酔科医との相談で決めて頂きます)。

特に、上記②、③は他のバルーンにない優れた特徴です。

胃内バルーン治療は減量外科治療の一部として位置づけられており、緊急時に肥満患者に対して腹腔鏡による適切な対応が行える施設、すなわち減量外科手術を行っている施設で行われることが推奨されています。また、最良の結果を得るためには、管理栄養士や運動トレーナーなど、減量外科治療と同様のチーム医療体制下で治療が行われることが望ましい、と考えられます。

2)適応(治療の対象となる方)

当院では、以下全てに該当する方が調節性胃内バルーン治療の適応となります。

  • ①年齢20歳以上65歳以下
  • ②登録時点におけるBMIが27以上
  • ③肥満に関連する合併疾患を有していること

過去に胃の手術を受けている、血が止まりにくくなる薬剤(抗凝固薬など)を服用されている、妊娠中またはバルーン留置期間中に妊娠を計画されている、ピロリ菌感染があるなど、本治療を行うにあたってリスクが高いと考えらえる場合は適応とならない可能性があります。詳しくは外来診察時に担当医に直接、おたずね下さい。

3)効果と限界

最も高い効果が期待できるのはBMI27~30程度で、手術の適応となるような高度肥満でない方です。期待できる減量効果はおよそ5-20kgで、肥満に伴うさまざまな合併疾患の改善が期待できます。中にはそれ以上体重を落とされる方もいますが、減量効果に関して、内科治療(食事、運動療法など)より高い効果が期待できるものの、手術と同等の効果を得ることは一般的には困難です。ただ、<やはり手術は怖い、体にメスを入れるのは抵抗がある>という方に関しては、BMI30を超えている方であっても本治療を受けることは可能ですのでご相談下さい。また留置後12ヶ月経過すると取り出す必要があります。取り出した後に、適切な生活習慣が身についていなければリバウンドの可能性があります。

4)副作用・危険性

胃内バルーン治療に伴い、重篤な合併症や有害事象が発生することは極めてまれですが、起こり得る合併症/有害事象としては、以下のものが挙げられます。

胃潰瘍(1%未満)、消化管出血(1%未満)、通過障害(1%未満)、消化管穿孔(1%未満)、肺炎、死亡

合併症/有害事象の多くは、適切な治療が行われれば、重症化を防ぐことが多くの場合、可能です。そのため、胃内バルーン治療は、緊急時に肥満患者に対して腹腔鏡による適切な対応が行える施設、すなわち減量外科手術を行っている施設で行われることが推奨されます。

副作用に関して、バルーン留置後早期(数日間)、比較的強い吐き気が出現します。点滴や強めの吐き気止め(制吐剤)を必要とすることがあるため、当院では2泊3日の入院を設定しております。吐き気は通常、留置後数日で消失します。また、胃内にバルーンが入っている間は、胃潰瘍を予防する目的で必ず胃薬を内服していただきます。

5)費用

本治療は保険収載されていません(自費診療となります)。入院は通常2泊3日で、費用は静脈麻酔を希望される方は54万円+消費税、全身麻酔を希望される方は60万円+消費税となります。

(静脈麻酔も全身麻酔同様、術中はほとんど意識がなく、苦痛を感じることはありません。)

6)その他

当院で本治療を導入するにあたっては、まず当院減量・糖尿病外科センタースタッフである関 洋介医師が当院で本治療を受け、安全に留置するための手技や、留置後の吐き気止めの使い方について検証しました。留置ならびにその後の経過に関してはブログで掲載しておりますので是非ご参照下さい

ページトップ