スタッフ紹介

笠間 和典

医師 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター長

笠間 和典(カサマ カズノリ)

1990年 群馬大学医学部卒業
2002年に日本で初めての腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術を施行、その後日本はもとよりアジアの減量外科をリードしてきた。現在はアジア太平洋肥満代謝外科学会 副理事長、国際肥満外科連盟日本代表を務めている。国際的評価も高く、海外での公開手術は11カ国、20回以上に及び、日本の内視鏡外科医としては最も海外での公開手術経験が多い一人である。

本人コメント:
世界トップレベルの手術技術と世界に認められたスタッフ・施設でのケアとサポートにより、この分野での日本で唯一のプロフェッショナルチームとして、万全の体制で“最高の安心と最新の医療”をお約束します。

関 洋介

医師 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター

関 洋介(セキ ヨウスケ)

1997年 大阪大学医学部卒業
2007年 オーストラリアにて減量外科の研修を開始し、2009年四谷メディカルキューブ減量外科に合流した。米国での減量外科の臨床トレーニングも受けている数少ない日本人外科医の一人である。通常の診療とともに、肥満・糖尿病臨床研究部門チーフとして臨床研究活動も行っている。日本人外科医では笠間医師につぐ減量外科手術経験数を有している。

本人コメント:
高い技術と科学に裏付けられた、安全・確実で最も効果の高い手術治療を私達の患者さんに提供いたします。どうぞ安心して、四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センターにお越しください。

園田 和子

看護師 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター

園田 和子(ソノダ カズコ)

資格:看護師

日本で唯一の減量・糖尿病外科専属看護師。笠間医師の初の海外での手術にも同行し手術室看護師の指導を行った。救命救急や外科病棟等でも活躍した経験豊富な看護師。

本人コメント:
笠間医師が日本で初めて執刀した減量手術以降約10年、手術室看護師として多くの減量手術に携わってきました。2012年4月からは日本で唯一の減量・糖尿病外科専属の看護師として当院で手術を受けられた患者さまの相談窓口看護師の役割を担っています。当院で手術を受けられる方々が安心して安全に手術を受け、新たな人生を送ることができるようにお手伝いします。医師に聞けない細かな悩みや不安があれば私にご相談ください。

中里 哲也

ソーシャルワーカー 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター

中里 哲也(ナカザト テツヤ)

資格:社会福祉士
   精神保健福祉士
   交流分析士1級
   Success Habits Bariatric Support Group Leader
   Back on Track Facilitator

日本で唯一の減量・糖尿病外科専属のソーシャルワーカー。2011年より東京福祉大学社会福祉学部非常勤講師としても活躍している。

本人コメント:
減量外科治療に携わり始めて10年、多くの患者さんに出会ってきました。患者さんは減量手術をきっかけに、その後新しい人生を歩んでいくことになります。手術後の生活は、想像もしなかった楽しいことも辛いこともたくさんあります。今まで思ってもいなかった悩みを抱えてしまうこともありますがその都度、患者さんと一緒に解決してきました。患者さんが社会生活上、困ることが少なくなるようお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

吉川 絵梨

管理栄養士 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター

吉川 絵梨(キッカワ エリ)

資格:管理栄養士
   糖尿病療養指導士
   サプリメントアドバイザー

当院が減量外科治療をはじめた2006年から現在までに手術を受けた患者さま全員の栄養管理を行う日本で唯一の減量・糖尿病外科専属の管理栄養士。

本人コメント:
減量手術前後の栄養管理は手術の効果を左右する程重要な要素の一つです。食事の悩みは手術前から始まり、手術後も時間の経過によって変わってきます。重要なポイントでは必ず栄養指導を行い悩みが出てきたら、その都度ご相談をいただくようにしています。減量手術を受けた患者さま全員が最大限の効果が得られるように、それぞれの患者さまの生活や食習慣に合わせ栄養指導を行っていますので、当院の手術効果は世界的に見ても高くなっています。私は日本で減量手術前後の栄養管理を一番多く経験している管理栄養士です。何かあれば安心してご相談ください。

ページトップ