スタッフ紹介

笠間 和典

医師 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター長

笠間 和典(カサマ カズノリ)

1990年 群馬大学医学部卒業
2002年に日本で初めての腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術を施行、その後日本はもとよりアジアの減量外科をリードしてきた。現在はアジア太平洋肥満代謝外科学会 副理事長、国際肥満外科連盟日本代表を務めている。国際的評価も高く、海外での公開手術は11カ国、20回以上に及び、日本の内視鏡外科医としては最も海外での公開手術経験が多い一人である。

本人コメント:
世界トップレベルの手術技術と世界に認められたスタッフ・施設でのケアとサポートにより、この分野での日本で唯一のプロフェッショナルチームとして、万全の体制で“最高の安心と最新の医療”をお約束します。

関 洋介

医師 四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター

関 洋介(セキ ヨウスケ)

1997年 大阪大学医学部卒業
2007年 オーストラリアにて減量外科の研修を開始し、2009年四谷メディカルキューブ減量外科に合流した。米国での減量外科の臨床トレーニングも受けている数少ない日本人外科医の一人である。通常の診療とともに、肥満・糖尿病臨床研究部門チーフとして臨床研究活動も行っている。日本人外科医では笠間医師につぐ減量外科手術経験数を有している。

本人コメント:
高い技術と科学に裏付けられた、安全・確実で最も効果の高い手術治療を私達の患者さんに提供いたします。どうぞ安心して、四谷メディカルキューブ減量・糖尿病外科センターにお越しください。

ページトップ