治療&サポート

サポートグループ

サポートグループについて

 サポートグループは術前後の患者さんにとって、とても大切なものです。サポートグループがあることが、COE認定の必須条件となっているほど重要な要素と考えられています。すなわち、サポートグループの有無によって減量手術の結果が変わってくるということです。

患者主体の会

 術後の患者さんたちが体重を減らすときに直面するさまざまな問題を解決するのを助けるためにサポートグループがあります。術後の問題は、食事に関するものであったり、社会的なもの(人間関係など)であったり、美容に関するもの(皮膚のたるみ等)であったりします。自分でも考えてもいなかったようないろいろな変化がおこります。あなたに対する他人からの見かたも変化します。友人や同僚からの嫉妬もまれではありません。あなたの同僚は昇進の競争などにおいてあなたをより脅威とみなすかもしれません。
 ミーティングは栄養や運動、形成外科の最新情報などについての講義からはじまることもあれば、メンバー同士の話し合いを促進させるようにしているものもあります。テーマは、そのときのグループの必要性や講師によって様々に違ってきます。

サポートグループってどんな会?

 サポートグループとは、簡単に言えば、同じ悩みをもつ人たちが寄り集って助け合って行こうとする人々の会です。我々のグループは、減量手術を受けた人、または手術を考えている人、そしてその患者さんを持つ家族の人を対象にしています。術前後に患者さんやその家族は様々なストレス状況下におかれています。グループに参加する事により様々なことを感じ取れるようになります。すなわち、サポートグループとは術前に感じている術後の生活の不安や、術後における食事・運動のこと、更には、体重減少が止まってしまうことなどの術後の生活習慣から生じる問題を解決するために、社会的・心理的なサポートを行う場所・時間なのです。

参加すると何が得られるの?

 サポートグループに参加することによって様々なことが得られます。術後の仲間を増やす事、自分1人では考え付かなかった食事の方法や運動の方法を知ることができたり、新しい食事レシピなどを知ることができたりします。更には、1人で減量に取り組むのではなく、スタッフ・患者相互で減量を頑張っていくための会でもあります。アメリカのデータではサポートグループに参加した人と参加しなかった人を比較した場合、参加した人の方が明らかに合併症改善率・体重減少率がよいという報告があります。実際に当センターで手術を受け、サポートグループに出席した人と出席しなかった人との体重減少にも大きな差が見られまし た。(下図)

超過体重率減少データ
超過体重率減少データ

 しかし、ただただ、出席すれば体重が減っているというものではありません。間違った知識を獲得したのでは最善の効果を挙げることはできない為、このグループでは患者さん向けの学習の機会も設けております。それ以上にメンバー同士で話し合う事は重要です。 参加し、メンバー同士で話をすることで以下のようなことが期待できます。

孤独感の緩和

グループのメンバーは、同じ境遇なので、「そうだ、わたしは一人ではないんだ。」と思える。

自己の再発見

正しい把握と再発見。目新しく参加したメンバーは、「わたしはわたしが思っていたほどひどくはないんだ」と思うことがあり、これまでの考えを思い直すことができる。

「援助を与えたとき、援助が得られる」

立場の違う問題状況のメンバーの援助を得て、その問題に立ち向かう勇気を得て解決へと向かうことができる。メンバーは自分の経験で得た知恵で仲間の問題の克服をわずかでも行うことができ、誇りを感じることができる。

実際的な支援

メンバーは、他のメンバーや家族に例会やそれ以外の場面で実際的な援助(手伝いや情報交換など)を行うことができる。

日常生活の場での実際的な支援と情緒的な支援

メンバーは、日常生活の場で、連絡を取り合い、報告や相談をし、孤独の緩和、実際的・情緒的援助を求めて話し合う。

個々人の良い面への焦点づけ

各人の目標の達成や成功、重要なできごとに敬意を払い、どんな小さな歩みでも評価し賞賛し合う。たとえば、『目標体重に達した』『あぐらがかけるようになった』『足の爪が自分自身で切れるようになった』などです。

精神的な支援 -共感と理解-

物事がうまくいっているとき、グループはその人々を賞賛し励ます。うまく行かなかったときは、怒りや欲求不満を打ち明け聞いてもらう。

サポートグループにはどんな人が参加できるの?

基本的にご参加は以下の方々に限らせていただいています。

  1. この手術を受けようとしている手術対象の方
  2. この手術を実際に受けられた方
  3. この手術を受けられた・又は受けようとしている方々の家族の方

それぞれの参加条件別の特別の会を用意していますのでご参照ください。

サポートグループはいつ開催されているのですか?

① 手術前患者、手術後患者の会・・・毎週水曜及び木曜日 12:30~14:00に開催
② 手術後患者の会 『RENASCER X’mas Party』…毎年1回12月に開催
③ 手術後患者の会 運動・食事などテーマを絞ったサポートグループ…不定期
④ 腹腔鏡下バンディング手術後患者会…不定期

上記①に関しては人数の関係で開催されない場合もございます。予めご了承ください。

患者会のみの参加の方も大歓迎です。参加を希望される方は、参加希望日前日の17:00までに「MSW中里」までご連絡ください。

上記④に関しては、バンド手術を考えている、バンド手術をされた方のみ参加可能な会です。

参加を希望される方は下記までご連絡ください。
四谷メディカルキューブ 減量・糖尿病外科センター TEL 03-3261-0425

サポートグループに参加するのに料金はかかりますか?

 サポートグループへの参加費用は基本的に無料です。ただし、クリスマスパーティーなど、特別な会においては料金がかかります。料金は場所や参加人数によっても異なります。参加費用がかかる場合にはサポートグループ開催前に参加予定の皆様にご案内をお送り致します。

サポートグループに関しての連絡先

 サポートグループに関してご不明な点、気がかりなことなどがございましたら、ソーシャルワーカーまでお問い合わせください。

RENASCER(ヘナセー)

 「RENASCER(ヘナセー)」は2004年12月4日に行われた減量外科手術後の患者会において決定された名前です。「RENASCER」とはポルトガル語で、「もう一度生きる」という意味を持っています。患者さん同士の話し合いで決定した名前です。参加する患者さんは日本人、ブラジル人、ペルー人、韓国人と多国籍であります。世界でもあまり類を見ない患者会です。

RENASCERでは活動の一つとして毎年Xmas Partyを実施しています。

 当院で手術を受けられた術後の患者さんであれば誰でもご参加いただけるパーティーで都内で行われます。患者さんが毎年楽しくいらしていただけるよう減量外科チームのスタッフが工夫を凝らし、ゲームを交えて実施しております。参加された皆さんは交流の場を広げる機会としても活用されているようです。

 開催の様子は、「減量外科チームブログ」に掲載していますので、ご興味のある方はご覧ください。

 減量チームスタッフ一同毎年楽しみながら実施している企画です。多くの方のご参加をお待ちしています。

医療法人社団 あんしん会 四谷メディカルキューブ
減量・糖尿病外科センター TEL:03-3261-0425

ページトップ