治療&サポート

減量外科手術術式比較

減量の
原理
食事制限+栄養吸収阻害
(胃と腸の手術)
食事制限のみ
(胃だけの手術)
術式 腹腔鏡下
ルーワイ胃バイパス術
(LRYGB)
腹腔鏡下
スリーブ・バイパス術
(LSGB)
腹腔鏡下
袖(スリーブ)状
胃切除術
(LSG)
腹腔鏡下調節性
胃バンディング術
(MID‐BAND)
構造 小さな胃嚢(20~30cc) を小腸へ吻合する。吸収量を下げるため、残った胃と小腸をバイパスする。切離した胃は体内に残る。 袖状胃切除と同様な細長い胃を作る(100~150cc)。十二指腸は最初の部分で切られ、小腸と吻合される。小腸の長さは胃バイパス術とほぼ同じ。切った胃は取り出す。 細長い胃を作る(60~100cc)。小腸との吻合はない。切った胃は取り出す。 調節可能なシリコンのリング(バンド)を胃の上部に巻きつけて、小さな胃(15~30cc)に分割する。
機序
  • 食事摂取制限と中等度の栄養吸収阻害
  • 食事摂取制限と中等度の栄養吸収阻害
  • 食事摂取制限のみ
  • 栄養吸収阻害なはい
  • 食事摂取制限のみ
  • 唯一の調整可能な手術
体重減少
  • 超過体重減少率70%
  • 平均40~50kg程度
  • 超過体重減少率70%
  • 平均40~50kg程度
  • 超過体重減少率60%
  • 平均30~50kg程度
  • 超過体重減少率40~50%
  • ゆっくりした体重減少
  • 術後の努力をもっとも必要とする
  • 平均20~30kg程度
可能性
のある
合併症
  • 嘔気・嘔吐
  • 吻合部狭窄
  • ダンピング症候群
  • 潰瘍
  • 腸閉塞
  • 貧血
  • ビタミン・ミネラル欠乏
  • 縫合不全
  • など
  • 嘔気・嘔吐
  • 胸焼け
  • 吻合部狭窄、潰瘍(バイパスよりも少ない)
  • 腸閉塞
  • 貧血
  • ビタミン・ミネラル欠乏
  • 縫合不全
  • など
  • 嘔気・嘔吐
  • 胸焼け
  • 不十分な体重減少
  • 重度の肥満の場合は追加手術が必要となる
  • 貧血
  • 縫合不全
  • など
  • 嘔気・嘔吐
  • 不十分な体重減少
  • バンドのスリップ
  • バンドの胃の中への迷入
  • 感染
  • ポートのトラブル
  • 器具の機能不良
  • など
術後入院
期間
3日 3日 3日 1日
仕事復帰 1~3週 1~3週 1~2週 1週間
当院での
手術時間
2時間 3~4時間 1.5時間 1時間
推奨適応

その他
  • 米国で最も多く行われている手術でBMI of 35~55 kg/㎡の方に高い効果がある。
  • 残った胃に癌が出来るリスクの少ない人が対象。
  • サプリメント、蛋白質を術後継続できる方。
  • 糖尿病の治癒率などの合併疾治癒はきわめて高い。
  • 切った胃は取り出すため、通常の胃の検査ができる
  • サプリメントや蛋白質の摂取が術後に継続出来る方。
  • 糖尿病の治癒率などの合併疾患治癒率はきわめて高い。
  • 現時点でBMI27.5~30の糖尿病に方に対して臨床研究として行うことができる唯一の手術。
  • 最近多く行われるようになってきている術式。
  • 手術時間も短く腸をつないだりしないため合併症率は低いとされている。
  • バイパスを受けるほどではない比較的軽度の糖尿病の方には効果がある。
  • BMI 50未満に対しては、バイパス同様の体重減少が期待できる。
  • BMI 50以上、および重症糖尿病に対してはバイパス術ほどの効果は期待できない。
  • 術後に継続的に運動ができて、食事の制限をきちんと守れる方に最適な手術。
  • バンドの調整が必要なため、東京近郊に住んでいて頻繁に当院に通院できる方が対象。
  • 重症の肥満の方では良い結果が得られないこともある。
  • 再手術率が2~5%程度(バンドのスリップや感染、不十分な体重減少など)ある。
  • 術後早期の妊娠にはバンドを緩めることで対処できる。
  • 他の手術に比べると糖尿病などの合併疾患治癒率は低い。
ページトップ