治療&サポート

当院が選ばれる10の特徴

1. BMI 30以上の患者さんを対象

BMIとは、ボディ・マス・インデックス(体格指数)の略称で[体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)]で表されます。他施設ではBMI 35以上の患者さんを対象にしていることが多いのですが、当院では米国内視鏡外科学会のガイドライン*1に準じ、BMI 30以上で肥満に関連する合併症を有している方を、減量手術の適応としています(BMI 27.5以上で2型糖尿病をお持ちの患者さんも手術適応となる可能性があります*2)。
●あなたのBMIを簡単チェック! こちらから。

2. 国内屈指の手術実績

当院の最新の手術実績はTOPページをご覧ください。手術実績と手術死亡率・合併症発生率との間には明らかな関連があります。詳しくは、“減量手術の安全性について”をご参照ください。

3. 国内唯一のCOE*3認定施設

質の高い減量外科治療を行っている施設として、米国Surgical Review Corporation(病院の外部評価機関)から国際認定を受けています。詳しくは、こちらをご参照ください。

4. 4つの手術方法から最適な手術を

それぞれの手術方法には、減量効果や糖尿病に対する効果など違いがあります。
当院では国際的に広く行われている4種類の手術方法の中から、個々の患者さんにとって最適な方法を提供しています。

5. 手術はCOE認定外科医が執刀

COE認定外科医は日本に2名しかいませんが、いずれも当院に在籍しています。
センター長の笠間和典医師は海外での手術デモンストレーションをこれまでに数多く行っており、その卓越した技術は国際的に高い評価を得ています。

6. 専任の減量外科チームがサポート

高度肥満症はチーム医療が必要な難治性疾患です。
当院では、医師・管理栄養士・看護師・医療ソーシャルワーカーなどからなる減量外科治療の専任スタッフが、患者さんをしっかりとサポートします。

7. サポートグループ(患者会)を継続的に実施

減量手術の前後に、患者さんは様々な不安や悩みをかかえることが少なくありません。そんなあなたが直面する問題を解決するためにサポートグループを結成しています。術前術後の生活において社会的・心理的なサポートを行う場所・時間です。詳しくは、こちらをご参照ください。

8. 短い入院期間、早い社会復帰

当院の手術成績は、手術時間・出血量・合併症発生率など、あらゆる点において、国内屈指の優れた成績を誇っています。入院期間は通常、術後3日間です(腹腔鏡下調節性胃バンディング術の場合は手術翌日に退院)。他の施設では、術前1ヶ月間、術後1-2週間程度の入院を要する場合もあります。

9. 高度肥満症の患者さんにも対応する設備

当院では高度肥満症の患者さんの治療を安全に行うために必要な様々な医療設備を整えています。たとえば、CT装置。手術後に何らかの合併症が発生した場合、緊急でCTスキャンという検査が必要になることがありますが、国内の一般的な病院施設に備わっているCT装置は標準的な体重の患者さんを想定したものであるため、高度肥満症の患者さんを検査することができない場合があり(制限体重オーバー)、場合によっては致命的な問題を招く可能性があるのです。

10. 再手術にも適切に対応

合併症や術後長期経過後のリバウンド(体重再増加)に対して、再手術が必要になる場合があります。その原因にもよりますが、多くの場合、別手術への変更が必要になります(例えば、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術から腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術への変更など)。当院では複数の手術方法を準備・提供しており、こうした再手術にも適切に対応することができるのも、強みのひとつです。

*1Guidelines for Clinical Application of Laparoscopic Bariatric Surgery
http://www.sages.org/publications/guidelines/guidelines-for-clinical-application-of-laparoscopic-bariatric-surgery/

*2内科治療抵抗性2型糖尿病症例(27.5 kg/㎡≦BMI≦34.9 kg/㎡)に対する外科治療(腹腔鏡下スリーブバイパス術の効果ならびに安全性に関する探索的研究(UMIN試験ID: UMIN000005716)
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi?function=brows&action=brows&type=summary&recptno=R000006757&language=J

*3Center of Excellence in Bariatric Surgery/減量外科領域における卓越した拠点施設

ページトップ