NEWS

四谷メディカルキューブで腹腔鏡下スリーブ状胃切除術が保険で受けられるようになります

平成28年度診療報酬改訂(厚生労働省)に伴い、本年4月より、これまで自費診療で行って参りました腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(当院で行っている4種類の減量手術の一つ)が保険診療として受けられるようになります。

保険診療で本手術を行う際の適応基準は、
① 6ヶ月以上の内科的治療が行われているにもかかわらず、BMI 35 kg/m2以上であること
② 糖尿病、高血圧、脂質異常症のうち1つ以上を有していること
と定められています。

保険診療開始に伴い、治療の流れを変更しております。当センターでの治療を希望される場合は、お問い合わせ窓口03-3261-0430までご連絡をお願い致します。

(注)
*平成28年4月1日以降に本手術を受けられる方から適用となります。
*入院期間は通常4-5日程度です。
*周術期の安全確保のため、入院中は個室管理(減量外科患者専用の部屋を使用します)となり、別途費用がかかります。
*他の3術式(腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術、腹腔鏡下胃バンディング術、腹腔鏡下スリーブバイパス術)はこれまで通り、自費診療で行います。

ページトップ