スペーサー
減量手術.com Weight Loss Surgery
スペーサー
Homeへ戻る手術実績手術の安全性スタッフ紹介医療従事者の方へリンク

お問合せ ENGLISH よくあるご質問 スペーサー
スペーサー
>HOME >栄養について

栄養について


術前の栄養管理


   この手術は、長い間肥満による合併症などで悩まれてきた方々にとって、まさに究極的な外科的減量手術ですが、手術をすれば簡単に減量できるというわけではありません。術後は栄養管理をしっかり実行して行く事が大切です。

 また、手術ですからリスクは伴います。病的肥満の方々は正常体重の方に比べてリスクが高いです。このリスクを少しでも軽減させるには、体重を出来るだけ落として手術に挑むことをお薦めします。

 つまり、術前の食生活を是正し少しでも減量しておくべきなのです。だからと言って、極端なダイエットは術前の体の栄養状態を悪くし、術後の回復力の低下を招いてしまいます。

 そこで、当院では低カロリーですが栄養バランスに優れたフォーミュラ食(オベキュア)を用いて術前の栄養管理をしています。


フォーミュラ食品とは


   1日の摂取エネルギーを基礎代謝以下の600kcal以下に抑える、超低エネルギー食療法(VLCD=VeryLowCalorieDiet)や、800kcalから1200kcalに抑える、低エネルギー食療法に用いられる食品で、良質なタンパク質を主原料にし、糖質、脂質を控え、ビタミン、ミネラルをバランス良く含んだ、規格食品の事を言います。

超低エネルギー食療法は、フォーミュラ食品のみを用いて行うもので「完全法」と言われています。3食の食事の代わりにフォーミュラ食品を利用し、エネルギーは600kcal以下に抑えるが、タンパク質・ビタミン・ミネラルはほぼ1日の栄養所要量を満たしているので、栄養不良を起こさず、減量できると言うわけです。

低エネルギー食療法は、フォーミュラ食品と一般食を組み合わせて行うもので、「コンビネーション法」と言われています。3食のうち1食か2食にフォーミュラ食品を利用し、残りはバランスの良い食事を組み合わせます。

これらのダイエット法は、あくまでも期間限定のもので、手術前の1ヶ月間使用します。
(BMIの高い方は1ヶ月以上使用していただく場合もあります)

手術前の患者様に、今までのダイエット経験をお聞きすると、この種のダイエットは、ほとんどの方が経験済みです。(特に女性に多いのですが・・・)でも、結果はどうでしょう・・・?短期間は減量に成功しても、その後リバウンドを引き起こしたことと思います。その結果、この手術にたどり着いたのではないでしょうか。

つまり、長期間のダイエット法ではなく、手術前に使用する事で少しでも減量し、また内臓脂肪を減らすことで、手術のリスクを少なくすることを目的としています。


具体的な使用方法は・・・


オベキュア
  • 1袋当たりのエネルギーは170kcal
  • 良質なタンパク質のほか、ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれている
  • 水に溶かして飲む
  • ココア、ストロベリー、ヨーグルト、バナナ、カフェオレ、コーンスープ味の6種類

<使用方法>

    1食につきオベキュア 1袋
  • ご自分の生活スタイルに合わせて使用する
  • 食事は400kcal/食を目安に、主食+主菜+副菜をバランス良く組み合わせる
  • 規則正しい食生活を心がける
  • 水分をしっかり摂取する

朝食

昼食

夕食

パターン@

オベキュア 1袋

食事

食事

パターンA

食事

食事

オベキュア 1袋

パターンB

オベキュア 1袋

食事

オベキュア 1袋

  • BMIが50以上の方はパターンBをおすすめすることもあります
  • スペーサー
             Copyright ©2005-2011 Yotsuya Medical Cube. All Rights Reserved.
    スペーサー